かとーの日常

クラリネット奏者&講師 加藤丈陽のBlog

バランス

東京は急に寒くなりましたね。

今日はアンサンブルコンテストに向けたレッスンで2校伺いました。

期末試験も終わり、どこの学校もアンコンモードです。本番に向けてじっくり音楽を作っていって欲しいなと思います。

 

アンコンでは数年前からフルート、クラリネット、サックスを混合した木管アンサンブルが流行っていますね。

少子化が進む昨今、多くの学校が同属楽器でアンサンブルを組むのは難しくなっているのでしょう。僕はクラリネットアンサンブルがとても好きなので、最近のアンコンは少し寂しくもあります。

 

そんな訳で最近は混成の木管アンサンブルを指導する機会が多いのですが、この編成はバランスが難しい。

楽器の特性上どうしてもフルート、クラリネットは音量が足りない、サックスは大き過ぎるという事態になりやすいです。

 

レッスンでは、

「メロディーを吹く時には音を立てる」

「伴奏時はメロディーの音を耳に入れながら吹く」

という話をよくしています。

これだけでアンサンブルとしてのバランス、まとまりがかなり良くなります。

木管アンサンブルのバランスでお悩みの方は試してみて下さいね。

 

—————————————————————

クラリネット個人レッスンについてはこちら

吹奏楽指導のご依頼はこちら《合奏・パート・木管セクション指導》